リモートワークで目が疲れている皆さんへ

皆さんこんにちは!

コロナウイルス対策としてリモートワークを導入している企業が多いかと思います。

私の所属する会社では来週からリモートワークに戻ることになりました。

9月にはリモートワークを中心とした働き方になるためにオフィスも縮小移転することになっています。

現在、中小企業では上記のような縮小移転が増えたり、オフィスを持たない企業、全面リモートワークといったようなビジネススタイルが確立してきていますね!

私のお世話になっている方で[オフィス移転・事務所移転・独立支援]をサービスとして展開している会社さんがいます。

ご興味のある方は言っていただければお繋ぎします!

オフィスや事務機器のことならなんでもご相談できる方です!

最近d-placeでもリモートワークに関する記事やオンラインでも役立つ記事など掲載してきました。

今回もリモートワークに関することを書かせていただきたいと思います!

リモートワークを導入するようになって

実際に人と会って対面で行っていたことが今では様々なツールを用いて行われるようになりました。
そこで良く使われるのがLINEのビデオ電話やFacebookのメッセージャーのビデオ通話、チャットワークLive、そしてZOOMですね!
他にもあるかもしれません。

最近ではチャットワークとZOOMが連携できるようにもなってかなり便利になってきましたね!

こちらの記事もd-placeではご紹介させて頂いているので良かったらご覧ください。

これらのツールを活用して世間では交流会やセミナー、お客様との商談、そしてSNSに良く投稿されているZOOM飲み会なんて少しずつですが流行ってきていますよね。

ZOOMで良く行われてる活動

ZOOMなどで行われている活動は以下のものが世間で普及してきています。

・ZOOMで朝会
・ZOOMで交流会
・ZOOMでセミナー
・ZOOMで勉強会
・ZOOMでワークショップ
・ZOOMでお客様との商談
・ZOOM飲み会

皆さんはこれらのうちでどれかを実際に経験された方はいます?
私はほとんど経験させていただきました。

ZOOMで新規のお客様と商談をさせていただくようになり、地方の方とも簡単につながることができるようにもなりました!

最近だと高知県、大阪、岐阜、埼玉、千葉、鎌倉などなど。

滞りなく資料を見せたり、会話もできました!

今後ZOOMの活用方法の記事なんかも書いても面白いかもしれませんね。

色々な方がZOOMの使い方を掲載した記事を書いていますし。

Afterコロナ・Withコロナなんていう言葉が…

今ではコロナウイルスが終息した後、今までの概念が大きく変わると言われていますよね!?
Afterコロナ・withコロナなんて言う言葉をよく耳にします。
遠方の人とも簡単に打ち合わせができてしまうようなことも!

実際に私の所属しているコミュニティーに福島の方や遠方の方が参加されたりもしています。

もしかしたらテレビのCMで皆さんも見たことがありますが、ベルフェイスさんのCMで言われてることが本当にコロナウイルスが終息したら当たり前になりそうですよね。

結構このCM好きです!!

It’s OLD営業! それ古いです!って言われることになるのですかね?

目がいつもより疲れる…

ところでやっと本題に入りますが、この様にリモートワークを導入して、向き合うのはPCやタブレット、スマートフォン。
そして今まで会って話していたこともPCに向かって行うために常にデバイス機器を見ていなくてはいけないですよね。

私も1日中、パソコンの画面を見ていると仕事が終わるころには目がしょぼしょぼして、かなり疲れています。
いわゆる「眼精疲労」ってやつですよね。

衝撃なのは最近健康診断を受けたのですが、あれだけ良かった視力が1.0以下になっていました。かなりショックでした。

なのでパソコン仕事の合間に眼精疲労をリフレッシュする方法を一つご紹介していきます!

手軽に目をゆるませる、おしぼりの当て方

目が疲れている時は、自然と心地よく感じる目のツボを押したりしますよね。
お店に入った時に出てくる温かいおしぼりを思わず目に当てて。
誰でも1度はやったことがあるのではないでしょうか?

この行動は適切で、適度な温かさのホットタオルを目に当てることで眼精疲労はかなり回復されます。
タオルで暖めた部分が冷めていく経過とともに目の周囲の緊張がゆるんでいくので、この温めてから冷ます過程を数回繰り返すとより効果的です。

また、もう1つ温めると効果的な場所が「こめかみ」だそうです。。実はこめかみの下には「蝶形骨(ちょうけいこつ)」という骨があるみたいです。勉強しました。

また、こめかみは蝶形骨の周囲に頭蓋を形成するいくつもの骨が集う交差点のような場所でもあります。
つまり、こめかみをゆるめると目の奥がゆるみますし、周囲の骨たちの緊張も解けてくる、という効率の良いポイントだそうです。

ただし注意が必要なのは、こめかみのエリアは非常に繊細であるということ。そのため、気持ちが良いからとグイグイとしたマッサージを行うことは厳禁です。
ホットタオルをじんわり当てるだけなら、穏やかにこめかみをゆるめることができます。
ハンドタオルを水につけ、絞ってレンジ(500ワット)で約30秒チンするだけで、手軽にホットタオルを作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

その他の方法

あとはブルーライトカットの眼鏡をかけたり、定期的に目薬を使うなどしていくのもいいかもしれません。

私はJ!NS SCREENを使用しています!
この会社に入ってすぐに買ったのですが、最近まで使っていなく、このような状況になったので使うようにしました!

J!NS SCREENの通販サイト

あとはご自身に合う目薬を薬局で買って使用するのもいいかと思います!
私はロートジープロを使っています。

目の疲れにかなり効きます!気持ちが良いですよ!

ロートジープロ

最後に

今後益々便利な世の中になってくることは間違いないと思います。
だからこそ目的や何が大切なのかをしっかりと理解した上で今回ご紹介してきたツールを活用したいものですね。

便利だからと言って人と会うのをやめて全てZOOMで行うのも良くないですからね。
実際に会うことで分かること、分かる良さもありますし。

そんなこんなでかなり長文になってしまいました。

今回はここまでにします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

WEBディレクター/営業|東京都のWEB制作/マーケティングのベンチャー企業に所属。ディレクターとしての経験やお役立ち情報を発信していきます。

プロフィール

関連記事