• HOME
  • column
  • Wordpress
  • WordPressでランディングページ作るならTCDテーマの「OOPS!」がお勧め!

WordPressでランディングページ作るならTCDテーマの「OOPS!」がお勧め!

皆さんこんにちは!

この記事ではTCDテーマ「OOPS!」の機能や使用例を紹介します。

私が初めて購入したWordpressのテーマです。そのため思い入れもかなりあります!

テーマ使用の初心者の私でも簡単にランディングページが作れたので、これからランディングページ制作を考えている方にはぴったりのテンプレートだと思いました。

この記事を見れば、OOPS!を購入すべきかどうかを決めることができるようになると思いますので、ぜひ最後まで見ていただけたら幸いです。

TCDテーマ「OOPS!」は成約率の向上に貢献するランディングページ向け!?

「OOPS!」は、商品やサービスを宣伝・販売したい方に最適なテンプレートです。

特にトップページをランディングページ仕様にしたい方やCTA機能をうまく使って成約率を上げていきたい方にはぴったりですね。

私は会社の営業に使ってお問い合わせを獲得していました!様々なサービスに応じて自由に構成できるので大変便利ですよ!

ランディングページとは?
一般的に「ランディングページ(LP)」は、訪問者のアクション(お問い合わせや予約など)を誘導することに特化したページのことを指します。

コーポレートサイトとしても使えますが、自分の商品やサービスを売り込みたい、見込み客を獲得したいというような目的でWEBサイトを制作するのであれば、「OOPS!」はかなりオススメですね!

また、19,800円の価格でデモサイトのようなサイトを制作できるのは驚きですね。
他にもコーポレートサイトにおすすめのテーマを紹介していますのでよろしければご覧ください。


WordPressテーマ「OOPS!」の詳細を見てみる

OOPS!ならこんなサイトを作れる【使用例】

デモサイト以外にも、OOPS!を使った使用例のサイトを見たい方がいると思いますので探してみました。

ランディングページ以外の使い方をされている企業や個人の方もいるようですね。

下記に3つほど事例を紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

出典:株式会社アップワード 様

出典:風評被害コンサル

出典:PICKLES ACADEMY

どれもかっこよく構成されていて、テンプレートを使って作成したとは思えないですね。

これでどんなサイトを制作できるのかある程度想像できたんじゃないでしょうか。

デモサイトを見るとクールでシンプルな印象が強いですが、コーポレートサイトから飲食店まで幅広い用途で使えそうです。

TCDテーマ「OOPS!」の機能を紹介します!

それでは「OOPS!」の機能を紹介していきます!

様々な機能が実装されているのですが、私が使ってみた中で特に実用的だなと思った機能は下記の5つです。

トップページ
☑コンテンツビルダー
☑ページ内リンク
☑1カラム(サイドバー無し)
☑CTA機能「マーケティング」
☑レビュー投稿機能

特に上記のCTA機能は、商品・サービスの成約率を大きく上げるために大切な機能ですので、購入した際はぜひ使ってみてほしいなと思います。

WordPressテーマ「OOPS!」の詳細を見てみる

「OOPS!」の機能①「コンテンツビルダー」

OOPS!にはコンテンツビルダーが実装されているので、専門的な知識がなくても自由なトップページを構成することが可能です。

コンテンツビルダーとは?
トップページのコンテンツを簡単に作成・並び替えできるTCDテーマ特有の機能です。
フリースペースにHTMLとCSSを記入して完全オリジナルに仕上げることも可能になっています。

昔でいうとホームページビルダーのようなイメージです!あらかじめ数種類のテンプレートが用意されているので自分で配置して簡単にコンテンツが作成できます。

特に「ショーケース」コンテンツは、背景画像の上に画像やテキストを組み合わせるシンプルなものですが、かっこよく仕上がるのでオススメです!

デザインが3種類用意されているところも嬉しいところです。

「OOPS!」の機能②「ページ内リンク機能」

ランディングページのグローバルメニューをクリックすると特定の位置までなめらかにスクロールして移動するという動作を見たことありませんか?

OOPS!はそのようなページ内リンクを簡単に実装することが可能です。

OOPS!のコンテンツビルダーの各コンテンツには下記のようにIDが自動で振り分けられ、そのIDをグローバルメニューのURLに設定するだけで実装が可能となります。

これもかなり便利ですね!

上級者向けにはなりますが、トップページと下層ページで別々のグローバルメニューを設定することができます!

トップページはページ内リンクにしておいて、下層ページは一般的なものにしておくことも工夫やアレンジのひとつですね!

「OOPS!」の機能③「全ページ1カラム」

OOPS!は全てのページが1カラムとなっているため、よくあるサイドバーが存在しません。

最近のWebデザインは1カラム仕様のサイトが多いので、かっこよく、おしゃれに作りたい方にはぴったりですね。

そのために、どうしてもサイドバーが必要な方は注意しないといけないですね。

ページにサイドバーがない代わりに、ブログなどの記事ページにはウィジェットとして配置できるようになっています。

OOPS!」の機能④「CTA機能」

OOPS!の売りは、CTA機能、いわゆる「マーケティング機能」じゃないでしょうか。

TCDさんのテーマにはこのCTA機能が搭載されているテーマが多いですが、これは本当に便利です!

CTAとは?
簡単に開設するとユーザーに対してサイトの目的に合わせた行動に誘導させるためのボタンやテキスト、広告のことになります。
(資料請求や予約等)

具体的には、記事下に任意のコンテンツを挿入する、フッターバーを画面下に固定表示させてPRすることが可能です。

この機能を使用することで、よりユーザーに認知してもらい、アクションをさせやすくなります。
さらに便利なのがCTA機能で配置したコンテンツのインプレッションやクリック率等を計測する機能です。

サンキューページ等に用意されたコンバージョンタグを貼り付けるだけで、下記のようなデータを管理画面から閲覧できるようになります。
表示するCTAはランダム表示にすることもできるので、ABテストを行うこともできますね。

「OOPS!」の機能⑤「レビュー投稿機能」

OOPS!にはカスタム投稿に「レビュー」が実装されていて、ブログを書くのと同じようにレビューを記載することが可能です。

何か商品を購入する際に商品の評価が気になる方は多いと思うので、レビューを表示させることはユーザーを安心させることに繋がります。
また、評価以外に実績等を掲載してもいいかもしれません。(○○賞受賞いたしました!・○冠達成!!等)

私は「Web制作のご契約から納品までの流れ」を表現しました。色々な掲載の仕方もあるので工夫次第ですね!

「OOPS!」を一度試しに使ってみよう!!

今回はTCDテーマ「OOPS!」について紹介しましたが、商品やサービスを宣伝・販売したい方やランディングページの作成したい方におすすめのテーマだと思いました。

まとめると下記の方にオススメです。

☑王道なコーポレートサイトを制作したい
☑商品・サービスを販売したい
☑既存サイトからリニューアルしたい
☑ランディングページ仕様にしたい
☑サイドバーが必要ない
☑CTA機能を使って成約率を上げたい
☑デザインが気に入った

個人的に「OOPS!」はランディングページに最適化されたテンプレートだと思うので、ランディングページなどの商品販売ページは「OOPS!」を使って制作するのが良いかと思います!
コーポレートサイトは別で制作してもいいですね!

WordPressテーマ「OOPS!」の詳細を見てみる

もし、コーポレートサイトを検討されている場合は「FAKE」や「NANO」というテーマもオススメですので、下記の記事を参考にしてみてください。


OOPS!を使ってみる!

WEBディレクター/営業|東京都のWEB制作/マーケティングのベンチャー企業に所属。ディレクターとしての経験やお役立ち情報を発信していきます。

プロフィール

関連記事