【Webディレクター必見】Webサイトにおける写真の重要性について

皆さんこんにちは!

今回は「Webサイトにおける写真の重要性について」ご紹介させていただきます!

今では写真を一切使っていないWebサイトの方が珍しくなってきております。

Webサイトにおける写真の役割

Webサイトにおける写真とはユーザーにイメージをより正確に、かつスムーズに伝えるためのメディアなのです。

Webサイトなのでより多くの方に情報を知ってもらいたいが為に文章を多く使ってしまいがちです。

ブログなどもそうでしょう。

しかし文章が多すぎても、残念ながらユーザーはほとんど読んでいません…
しかし文章が少なすぎてもSEO的に良くないです…

文章が多すぎてもユーザーは見てくれないので効果的に写真を使って訴求していきましょう!

Webサイトの写真は出来る限りプロに任せよう!

写真が美しいWebサイトは、見ているだけでユーザーに感動(楽しさ)を与え、滞在率の向上が見込めたり、信頼性を無条件に与えることができます。

Webサイトのクオリティが高くなります。

先日撮影に行きましたがある飲食店の撮影写真をプロと素人(私)を見比べてみましょう!

プロと素人の比較!

プロカメラマン撮影

TOKIMOの撮影

いかがですか?
見比べれると一目瞭然です…

プロはやっぱり綺麗に美しく撮ってくれますね…笑
こんなにも違うの?って思いませんでしたか?

最後に

Webサイトの作成を考えている方は是非プロカメラマンに撮影してもらいましょう!

ご自身で作ったブログサイトやあるだけでいいと思っているWebサイトであればフリー素材や自身で撮影した写真を使用するのはもちろん良いことかと思います。

しかし、企業のWebサイトとなるとそうもいきません。しっかりと企業ブランディングをする上で欠かせないのが写真といったビジュアルでもあります。

しっかりとした会社かどうかの判断にもなってくると言っても過言ではありません。

冒頭に書いた通り、企業のWebサイトを作る際は出来る限り、プロカメラマンに依頼しましょう!

そして良いホームページを作成しましょう!

私の知り合いのプロカメラマンさんをご紹介することもできますのでお気軽にお申し付けください。

WEBディレクター/営業|東京都のWEB制作/マーケティングのベンチャー企業に所属。ディレクターとしての経験やお役立ち情報を発信していきます。

プロフィール

関連記事