2020年(令和2年)小規模事業者持続化補助金

皆さんこんにちは!

2020年「小規模事業者持続化補助金」の公募が3月10日より開始されていますね!
既に公募申請が終わって採択された企業様もいるようです。
先日は小規模事業者補助金のコロナ対応型の採択結果も好評されたようですね!

採択者一覧表
https://r2.jizokukahojokin.info/corona/index.php/saitaku/

募集期間

■第3回受付締切:2020年10月02日(金)
■第4回受付締切:2021年02月05日(金)
※第5回受付締切以降(2022年度以降)については、今後、改めて案内されるようです!

対象となる事業者

■商工会議所/商工会の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」

・商業・サービス業(宿泊・娯楽業除く)/常時使用する従業員の数 5人以下
・サービス業のうち宿泊業・娯楽業/常時使用する従業員の数 20人以下
・製造業その他/常時使用する従業員の数 20人以下

補助率・補助額

一般型の場合
  • 補助率:補助対象経費の2/3
  • 補助上限額:50万円
コロナ対応型の場合
  • 補助率:補助対象経費の2/
  • 補助上限額:100万円

対象となる事業

■販路開拓や売上拡大の取組(およびこれと合わせた業務効率化(生産性向上)の取組)

・Webサイト制作/リニューアル
・新たな販促用PR(Google広告など)
・ネット販売システムの構築
・新たな販促用チラシの作成、送付、ポスティング

など

申請の流れ

①管轄内商工会議所にて確認、「事業支援計画書」交付

②申請書一式郵送提出

③申請書の正式受理

④交付決定

⑤事業開始

⑥実績報告郵送

⑦請求書(送られてきます)郵送

⑧補助金交付

①~② 2週間ほど
③~④ 1か月~2カ月ほど
⑦~⑧ 3カ月ほど

申請書類作成サポートも可能です。

小規模事業者持続化補助金では、経営力向上が見込めるかを記載した事業計画書、経営計画書の作成や各種条件を満たす必要があります。
私のお世話になっている行政書士をご紹介することができます。本業で書類作成の時間を取れない方や採択率を上げたい方にはおすすめです。
私の知り合いの行政書士と共にアドバイス及び事業計画作成のサポートを行い、補助金利用をサポートすることも可能です。

櫻行政書士事務所

■申請書類作成費用

着手金5万円 + 採択時報酬(交付決定通知書受理時)5万円
または
15万円:採択時報酬(交付決定通知書受理時)
※実費、税別
※商工会議所に同行する場合は別途
※申請書作成は、着手金お振込み確認後、実績報告書作成は、採択時報酬お振込み確認後の作成となります。(ただし、採択時報酬は、採択に係る報酬です。)
※恐れ入りますが、万が一不採択となった場合でも、着手金は返金いたしません。
※不採択となり、同一年度内に同一内容にて再申請される場合、着手金はいただきません。

○お手伝いの内容・範囲
・申請書の作成支援
・実績報告書作成支援

ご興味のある企業様は是非一度ご相談ください。

WEBディレクター/営業|東京都のWEB制作/マーケティングのベンチャー企業に所属。ディレクターとしての経験やお役立ち情報を発信していきます。

プロフィール

関連記事