Google翻訳を超える!?翻訳ツール「DeepL」

皆こんにちは!

今回紹介するのは色々と役に立つ翻訳ツールです!

これまでは、おそらくGoogle翻訳が主流として一番使われていたのではないでしょうか?

私も会社の中で制作を海外で行っている関係でGoogle翻訳を使ってやり取りをしていました。

しかし、Google翻訳は翻訳に少し不自然さがあったりして、英語を使っている現地の方になかなか伝わらなかったりと色々と問題になったこともありました。(決してGoogle翻訳のことを悪く言っているわけではございません。)

そこで、今回は私が仕事で毎日のように使っているGoogle翻訳を超える翻訳ツールとして話題になった「DeepL」をご紹介させていただきます!

DeepLとは

DeepLは、2017年8月に開始された最先端のニューラルネットワーク技術を駆使して開発された、超高性能な機械翻訳システムです。

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、オランダ語、ポーランド語、ロシア語、日本語、中国語に対応しています。

無料版でも充分に使用できる翻訳サイトです。

有償プランも目的や使用するユーザーに合わせていくつかに分かれています。

DeepLの特徴

「DeepL」の凄さは、機械学習による精度の高さにあると言われています。他のサイトやブログの記事などにも書かれるくらい評価の高い翻訳ツールです!

とても自然な文章に変換してくれるので、大体の場面で利用できると思います。

例えば、Webサイトを翻訳するにあたっては「DeepL」でほぼ解決できてしまうと思います。

Chrome拡張機能でも使用可能!?

GoogleChromeブラウザの拡張機能版のDeepLもあるようです。

開いたWebサイトをそのまま翻訳にかけられるのは便利ですね!

DeepL Translatorはこちら

最後に

翻訳ツールも日々進歩してきています!

しかし、文法的に不自然なところが目立ったりとまだまだな部分もあるかと思います!

今回ご紹介させていただいた「DeepL」の登場でこれらの問題がかなり解決されたように思います!

実際に私達も仕事の中で海外メンバーとのやり取りで大分コミュニケーションのずれや伝えたいことが伝わらないなどなくなりました。

「DeepL」によって私達のようなWebサービスを海外展開している企業はもちろん、その他の商品・サービスの海外展開がより身近になるのはないでしょうか!?

今後の翻訳ツールの発展が、インターネット上の言語の壁をどんどん取っ払っていくのかもしれません。

ぜひこの記事が皆さんの参考になれば幸いです!

WEBディレクター/営業|東京都のWEB制作/マーケティングのベンチャー企業に所属。ディレクターとしての経験やお役立ち情報を発信していきます。

プロフィール

関連記事