【初心者向け】WordPressに適したレンタルサーバーを選ぶ基準

皆さんこんにちは!

この記事ではWordPressを使用するにあたり、必要となるレンタルサーバーに関する情報をお届けします!当たり前ですが、WordPressを利用するにはレンタルサーバーとドメインが必要です。

WordPressを利用するために準備するものはこちらの記事で解説していますが、この記事ではレンタルサーバーの選び方について、私がこれまで体験した失敗も踏まえて、解説できればと思います。

またこのサイトではドメインはお名前ドットコム、レンタルサーバーはさくらインターネットのレンタルサーバーを使用しています!下記にこれらの立ち上げの流れがまとまっているので参考にしてみてください。


WordPressは世界でもっとも使われているCMSです。
その為、たいていのレンタルサーバーでWordPressが使いやすい設計になっています。
後にも紹介しますが、WordPressの自動インストール機能は主要なレンタルサーバー会社では当たり前のように用意があります。

大体のWordPressユーザーからすると、「どこのサーバー会社を選んでも、ほぼ快適」です。
ただ、ほんの少しだけWordPressを特別な使い方をしたり、特に大胆なセキュリティホールを抱えたサーバー会社もあります。
そうした注意点を盛り込んで、今回は選び方もポイントをご紹介します。

WordPressの自動インストールは備わっているか!?

最近のレンタルサーバーには大抵WordPressの自動(簡単)インストール機能がついています。

FTPを使わずとも、WordPressがインストールできるので便利です。

自動インストール機能がないと自分でWordPressの公式サイトからWordPressのデータをダウンロードし、自分でFTPからアップして色んな設定をしなくてはなりません。

自動バックアップがあるか?

ご自身でもバックアップを取ることは重要ですが、忘れてたり、バックアップしたつもりがとれていなかったということもあるかと思います。

そんな時、レンタルサーバー側で自動バックアップをとってくれていれば、ありがたいですよね。

私はまだ一度もお世話になったことはないですが、自動バックアップが機能としてあるかは重要かと思います。

サーバースペック(HDDかSSDか、メモリ容量はいくらかなど)

どんなサイトを運営するのか、どれだけの数のサイトを運営するのかで変わってきますが、多少の余裕はあった方がいいでしょう。

ただ、レンタルサーバーによっては上位プランにワンボタンで移行できるところもあるため、最初はオーバースペックにならない程度のプランで選ぶと良いでしょう。

目安としては100万PV程度のWebサイト1つなら、容量100GBもあれば十分でしょう。

最新のphpバージョン対応?

WordPressのセキュリティを考えると、最新のPHPバージョンに対応しているかどうかはとても重要な項目です。

そして、有名なレンタルサーバーなら安心と思っていると、後で痛い目を見る可能性があります。

私のお客様が有名どころのサーバーを使っていました。いろいろ設定をするにあたり中を見たら、最新のPHPバージョンに対応していないどころか、サポート切れのバージョンで止まっているところを使っていたことがありました。それで仕方なく新しいサーバー移転をして、メールの設定も含めて大変な思いをした経験があります。

データベース数は無制限か?

たくさんの数のWebサイトをつくるなら、データベースの数は重要です。

なぜなら、WordPressサイト1つにつき、1つのデータベースを利用するからです。

5サイト、10サイトくらいならいいですが、50サイトくらい~のWebサイトを1つのレンタルサーバー内に作成するつもりなら、データベース無制限を選びましょう。

どこのレンタルサーバーが良いの!?

機能・性能重視

☑「アクセス(PV)重視のブログ型サイトを作りたい」
☑「サイトの表示速度が少しでも早い方が良い」
☑「目安10万PV以上のサイトを作るつもり」
☑「サーバースペック重視・安定性重視だ」
エックスサーバーがおすすめ

コスパ・安さ重視

☑店舗ホームページタイプのサイト・地道にブログを始めたい
☑不便でない範囲であれば、サイトの表示速度やスペックを追求しない
☑目安5万PV以内のWebサイトを作るつもりの人
☑コストパフォーマンス重視・安い方が良い
ロリポップまたはさくらサーバーがおすすめ

その中でも、
「サーバー管理画面が初心者向け・簡単な方が良い」→ロリポップ
「費用が一番安いのが良い」→さくらのレンタルサーバー

※エックスサーバーはX10プラン、ロリポップ・さくらレンタルサーバーはスタンダードプランの想定での比較です。

どこのレンタルサーバーが良いの!?【用途別編】

小規模・個人サイトなら

さくらサーバー(スタンダードプラン)
・初期費用1048円+月額524円〜
・おすすめは「スタンダードプラン」。

ロリポップ!(ハイスピードプラン)
・初期費用3000円→今なら無料!+月額1000円→今なら500円~
・おすすめは「ハイスピードプラン」。

中堅~大型サイトなら

サーバーに必要なスペック条件をすべて満たしたレンタルサーバーがこちら。

そこそこ大きなECサイトを構築するならこちらのサーバーを利用しましょう。

Xserver(X10プラン)
・初期費用3300円+月額1100円〜
・DB無制限

Xserver Business(B10プラン)
・初期費用15000円+月額4,560円〜
・DB無制限

最後に

簡単にですが、レンタルサーバーを選ぶ基準をご紹介させていただきました。

私の本業のお客様に使用しているレンタルサーバーはさくらインターネットのレンタルサーバーかエックスサーバーが多いです!

さくらサーバーは使いやすくこのサイトにも使っているサーバーでコスパ面でもかなりよいです!

エックスサーバーはWebサイトに関わる全ての方がおすすめしているくらい万能なサーバーで管理画面の操作や設定がわかりやすいです!

そしてエックスサーバーはキャンペーンを実施することが多いので、タイミングを見てお申し込みすることをお勧めします!ドメインが無料で取得できたり、初期費用が無料だったりといろいろありますよ!

ぜひWordPressでサイト・ブログ運営してみようと思っている方はこの記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

このサイトではドメインはお名前ドットコム、レンタルサーバーはさくらインターネットのレンタルサーバーを使用しています!下記にこれらの立ち上げの流れがまとまっているので参考にしてみてください。


WEBディレクター/営業|東京都のWEB制作/マーケティングのベンチャー企業に所属。ディレクターとしての経験やお役立ち情報を発信していきます。

プロフィール

関連記事